アロエの成分分析

アロエ.net>アロエの成分分析

アロエの成分分析について

アロエの成分分析では、アロエベラやキダチアロエなどのアロエに含有されている様々な有効成分について分析していきます。

アロエに含有されている成分一覧

アロエ(キダチアロエ・アロエベラ)に含有されている成分を分析しています。なお、アロエの種類により含まれている成分の多さなどは異なります。

アロイン

健胃作用があるとされる。主にアロエ表皮部分に多く含まれ、胃の活動を活発にする他、腸の働きを活発化する作用がある。ただし、過剰摂取により子宮が圧迫されるので、妊婦は摂取に注意が必要。また、過度に摂取すると必要以上にお腹がゆるくなることがある。

 

アロエウルシン

組織の再形成を促進する作用があり、抗潰瘍作用があるとされる。また、細胞を再形成を促進する事から外用により火傷の治療作用もあるとされる。なお、アロエウルシンはキダチアロエには含有されているが、アロエベラには含まれていない成分の一種である。

 

アロエエモジン

健胃作用、腸の活性化作用があるとされる。アロエエモジンはアロエの皮部分やゼリー状部分に多く含まれる成分。アロイン同様にアロエの苦味成分。解毒作用もあるといわれており、二日酔いなどにも効果があるといわれている。ただし、アロエエモジン子宮を直接収縮させる作用もあることから、妊婦が摂取すると早産や流産を引き起こす恐れがある。

 

アロエシン

殺菌効果や抗菌作用があるとされる。また、チロナーゼ酵素(シミやそばかすの原因となる物質)の作用を阻害する事から美白効果もあるとされる。

 

アロエチン

アロエチンはアロエに含まれている成分の一種で、高い殺菌力と解毒作用があるとされ、外用により化膿や吹き出物の治療、内容により風邪や肝臓病などに対しても効果があるといわれている。この他、メラニン色素の沈着を予防する効果もあり、シミやそばかすの予防による美白効果も注目されている。

 

アロエニン

アロエニンとは、主にキダチアロエのみに含まれるアロエの有効成分。胃酸の働きを正常化する作用があるとされており、胃酸が過剰分泌されている際(胃酸過多)は胃酸の分泌を抑え、胃酸が不足しているときは胃酸の分泌を促進する作用がある。

 

アロエチン

アロエチンとは、高い殺菌力と毒素中和作用があるアロエに含まれる有効成分の一つ。特に、化膿やニキビ、吹き出物といった皮膚症状や、腸内環境の正常化といった作用があるとされています。

 

アロミチン

アロミチンとは、アロエベラ・キダチアロエに含まれる有効成分で抗ウイルス作用や抗腫瘍作用があるとされる成分。また、 抗ガン粘膜を弾力化することによる抗がん作用もあるとされている。

 

アルボラン

アルボランとはアロエに含まれる有効成分の一種で、多糖類の一種。アルボランにはインスリンの分泌を促進して血糖値を下げる作用があるとされる。効果は比較的穏やかだが、持続性は高い。

 

アロエマンナン

アロエマンナンとは、アロエに含有されている有効成分の一つ。皮膚の老化防止作用や抗腫瘍作用などがあるとされる成分。アロエの果肉部分に含まれておりネバネバとした果汁の原因物質でもある。

 

サポニン

サポニンとは、アロエに含まれているえぐみの原因となる成分で、血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる作用があることから、動脈硬化の予防などに効果があるとされる。大豆などにも豊富に含まれている。

 

アミノ酸・有機酸

アミノ酸とは、タンパク質や神経伝達物質などに体内で合成される成分。様々なタンパク質や神経伝達物質を生成する上で必要不可欠な存在であり、特に体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼ぶ。有機酸とはカルボン酸とも呼ばれ、炭素(有機物)が結合した酸性の成分のこと。

 

ムコ多糖類

ムコ多糖類とは、細胞と細胞を結合するゲル状の物質で関節や皮膚など体内のいたるところに存在している。ムコ多糖類は特に保水性に優れており、肌の健康や関節痛の緩和などの作用がある。この他コレステロール値の低下などの作用も期待できる。

 

ミネラル

ミネラルとは、3大栄養素のひとつとされ、姓名時活動において必要となる無機物のこと。代表的なものとしてカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛、銅、マグネシウムなどが挙げられる。ミネラルが不足すると体内では様々な欠乏症が現れる。

 

アロエベラとキダチアロエの成分一覧表

アロエベラとキダチアロエに含有されている各種有効成分に関する一覧表です。

成分名称
主な作用
アロエベラ
キダチアロエ
アロイン 健胃
アロエニン 健胃
アロエエモジン 健胃
アロエウルシン 抗腫瘍
アロエシン 殺菌・美肌
アロエソンエモジン 健胃
アロエチン 抗菌・毒素の中和
アロミチン 抗腫瘍、抗ウイルス
ホモナタロイン 健胃
アルボラン 血糖値低下
アロエマンナン 抗腫瘍・老化防止
サポニン 去痰・動脈硬化予防・ダイエット
アミノ酸・有機酸  
ムコ多糖類 抗腫瘍・肌の活性化
ミネラル  

※アロインやアロエエモジンは、日本国においては「薬品」と指定されていますので、加工食品に関しては、これらの成分は含有されていません。