アロエチン / アロエの有効成分

アロエ.netアロエの成分分析>アロエチン

アロエチンについて

アロエチンとは、高い殺菌力と毒素中和作用があるアロエに含まれる有効成分の一つ。特に、化膿やニキビ、吹き出物といった皮膚症状や、腸内環境の正常化といった作用があるとされています。

アロエチンの概要

アロエチンは優れた殺菌力と毒素中和作用がある有効成分で、切り傷やニキビ、吹き出物、火傷といった皮膚症状への外用による作用の他、内服することにより悪玉腸内細菌の殺菌作用などによりこうした菌が原因で起こる様々な病気の予防にもつながります。
また、最近の研究ではアロエチンにはシミやそばかすの原因となるメラニンの合成を阻害する働きがあることがわかっており、美白効果も期待できます。

 

アロエチンの作用

・切り傷(外用)
・火傷(外用)
・ニキビ・吹き出物(外用)
・腸内環境正常化(内服)
・シミ・そばかすの緩和(美白効果)

 

アロエチンが含有されているアロエの種類

キダチアロエ
アロエベラ