アロエウルシン / アロエの有効成分

アロエ.netアロエの成分分析>アロエウルシン

アロエウルシンについて

組織の再形成を促進する作用があり、抗潰瘍作用があるとされる。また、細胞を再形成を促進する事から外用により火傷の治療作用もあるとされる。なお、アロエウルシンはキダチアロエには含有されているが、アロエベラには含まれていない成分の一種である。

アロエウルシンの概要

アロエウルシンはアロエの果肉部分に含まれているヌルヌルとした粘液状の成分です。健胃効果があるといわれています。

 

アロエウルシンの作用

胃粘膜に対して作用し潰瘍等の修復作用があります。また、外用として用いることにより火傷や傷などの修復を早める作用もあるといわれています。

 

アロエウルシンが含有されているアロエの種類

キダチアロエ