サポニン / アロエの有効成分

アロエ.netアロエの成分分析>サポニン

サポニンについて

サポニンとは、アロエに含まれているえぐみの原因となる成分で、血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる作用があることから、動脈硬化の予防などに効果があるとされる。大豆などにも豊富に含まれており、「大豆サポニン」などと呼ばれるが、アロエにも含まれている。

サポニンの概要

サポニンは脂質の合成や吸収を阻害する作用があることから動脈硬化予防効果があるとされている。また、脂質合成・吸収を阻害することからダイエット効果もあるとされる。また、中長期のサポニン服用は腸管の組織を活性化させることにより肥満体質の改善にもつながるとされている。

このほかにも、アレルギー体質の改善作用や去痰(きょたん)作用などもあるとして現在研究が進められている。

 

サポニンの作用

・コレステロール減少作用
・中性脂肪減少作用
・ダイエット効果
・動脈硬化の予防
・去痰作用
・アレルギー体質の改善

 

サポニンが含有されているアロエの種類

キダチアロエ
アロエベラ